久留米市公式ホームページに移動します
 
 
  トップ  FAQ  こえの一覧  詳細内容
 

FAQ(よくある質問)


 [ID:3896] 狂犬病の特徴について 2021年10月更新
登録されている分類 [ 健康・医療・衛生 ]
狂犬病にはどのような特徴がありますか?

回答致します
狂犬病は人を含めすべての哺乳類に感染することが知られています。
主に狂犬病に感染した動物に咬まれ、唾液中に排出されるウイルスが傷口より体内に侵入することにより感染します。
通常、人から人に感染することはありません。これまでに臓器移植による感染が認められていますが、非常にまれな事例といえます。
人が感染した場合には、強い不安感、一時的な錯乱、水を見ると首(頚部)の筋肉がけいれんする(恐水症)、冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)、高熱、麻痺、運動失調、全身けいれんが起こります。
その後、呼吸障害等の症状を示し、死亡します。
一旦発症すれば効果的な治療法はなく、ほぼ100%の方が亡くなります。
人については日本国内では、昭和31年(1956年)を最後に発生がありません。
現在、日本は狂犬病の発生のない国ですので感染心配はありませんが、海外では英国、ニュージーランドなどの一部の国々を除いてほとんどの国で感染する可能性があります。
東南アジア等の近隣諸国では狂犬病がまん延しており、日本への本病の侵入リスクは皆無ではありません。
犬を飼われている方は、社会に対する責務として、犬の登録と年1回の狂犬病の予防注射を必ず行ってください。
(引用資料:厚生労働省ホームページ 狂犬病に関するQ&A)

担当課 健康福祉部保健所衛生対策課 動物管理センター Tel 0942-30-1500
 狂犬病に関するQ&Aについて

担当課
久留米市 健康福祉部 保健所衛生対策課

 このFAQの評価
この記事は探しやすかったですか?
この説明は分かりやすかったですか?
疑問は解決できましたか?
 上記の評価にされた理由をお聞かせください。
  ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
 0/800文字
 疑問が解決できなかった場合はこちらから
    疑問が解決できなかった場合、他におたずねがある場合は、こちらからお問い合せください。