久留米市公式ホームページに移動します
 
 
  トップ  FAQ  こえの一覧  詳細内容
 

FAQ(よくある質問)


 [ID:6414] 固定資産価格と課税標準額の違い 2021年10月更新
登録されている分類 [ 税金 ]
固定資産価格と課税標準額の違いを教えてください。

回答致します
 固定資産価格とは、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて固定資産(土地、家屋、償却資産)を評価し、市長が決定した価格のことをいいます。
 
 課税標準額とは、税額を算出する際に税率(固定資産税は1.4%、都市計画税は0.3%)をかける対象となるものです。

 原則として、固定資産課税台帳に登録された固定資産価格(=評価額)が課税標準となりますが、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や、土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格よりも低く算定されます。


○担当課 市民文化部資産税課 Tel 0942-30-9010
 住宅用地の課税標準の特例
 用語集

担当課
久留米市 市民文化部 資産税課

 このFAQの評価
この記事は探しやすかったですか?
この説明は分かりやすかったですか?
疑問は解決できましたか?
 上記の評価にされた理由をお聞かせください。
  ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
 0/800文字
 疑問が解決できなかった場合はこちらから
    疑問が解決できなかった場合、他におたずねがある場合は、こちらからお問い合せください。