久留米市公式ホームページに移動します
 
 
  トップ  FAQ  こえの一覧  詳細内容
 

FAQ(よくある質問)


 [ID:2735] 所有権移転と納税 2021年10月更新
登録されている分類 [ 税金 ]
 年の途中で売買をして土地や建物の所有権移転登記をした場合、その年の固定資産税は誰が払うのでしょうか?

回答致します
 その年の1月1日の所有者に課税されます。

 固定資産税は毎年1月1日(賦課期日)現在の登記簿又は固定資産課税台帳(土地・家屋補充課税台帳、償却資産課税台帳)に所有者として登記又は登録されている人に課税されます。

 したがって、年の途中で所有しなくなった場合でも、その年の1月1日の所有者にその年度の固定資産税を納める義務があります。

 なお、売買後の売主・買主の税負担について売買契約書等に記載されることがありますが、あくまでも売買の当事者間の約束事になります。


○担当課 市民文化部資産税課 Tel 0942-30-9010

担当課
久留米市 市民文化部 資産税課

 このFAQの評価
この記事は探しやすかったですか?
この説明は分かりやすかったですか?
疑問は解決できましたか?
 上記の評価にされた理由をお聞かせください。
  ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
 0/800文字
 疑問が解決できなかった場合はこちらから
    疑問が解決できなかった場合、他におたずねがある場合は、こちらからお問い合せください。