トップ > FAQ > 詳細内容
FAQ(よくある質問)
市民の皆様から寄せられた、よくある質問などを掲載しています。
[ID:8098] 保険料と保険税の違い
2024年2月更新

分類 [ 国民健康保険・後期高齢者医療制度 ]

保険料と保険税の違いはなんですか。
回答致します
 久留米市では、法の趣旨や国の見解を踏まえ、「保険料」方式を採用しています。
基本的にはどちらも同じですが、次の3点が大きく違います。

1.消滅時効の期間の違い
・保険料:時効2年
・保険税:時効5年
※差押え等により時効が中断すれば、上記期間を過ぎても徴収権は消滅しません。

2.差押えによる弁済(充当)の優先順位
資産が差押えとなった場合は、優先順位の高いものから弁済を受けます。
・保険料:国税及び地方税に次ぐ
・保険税:国税及び他の地方税と同順位
※保険料を採用している自治体において、滞納した地方税と保険料の両方で差押えとなった場合は、地方税への弁済(充当)が優先されます。

3.遡及賦課(課税)の期間制限の違い
保険料(税)は、届出日ではなく資格を取得、喪失した日から賦課(課税)されます。届出が遅れて遡って賦課(課税)された場合、遡及して請求できる上限年数が異なります。
・保険料:最大2年
・保険税:最大3年

健康福祉部健康保険課 保険料賦課チーム 
0942-30-9030
担当課
久留米市 健康福祉部 健康保険課
このFAQの評価
この記事は探しやすかったですか?

この説明は分かりやすかったですか?

疑問は解決できましたか?

上記の評価にされた理由をお聞かせください。
※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。 0/800文字