トップ > FAQ > こえの一覧
久留米市 あ〜 そうやったとね!
市民の皆様から寄せられた、よくある質問などを掲載しています。

あなたが選んだ検索キーワード

[ 分類 ]  小分類:青少年健全育成

検索した結果から更に絞り込むことができます。

 1 
全12件 (1〜10件目) 
適応指導教室(らるご久留米)の通級にはどのような手続きが必要ですか。
適応指導教室(らるご久留米)の通級には、以下のとおりの手続きが必要です。 1申し込み(電話で受付) 2見学(らるごの簡単な説明と施設見学) 3面談(日程調整を行い、保護者及び本人と2回実施...
「風の羽ばたき隊」は、どのような活動をしていますか。また、活動に参加するにはどうすればいいですか。
「風の羽ばたき隊」は久留米市生涯学習推進課主催の青年講座で、18歳〜40歳の青年男女(高校生を除く)が、えーるピア久留米を拠点として、子ども向けのイベントを中心としたボランティア活動を行って...
適応指導教室(らるご久留米)のカリキュラムを教えてください。
個々の実態に合わせての課題に取り組み、自学自習の力をつけるため、個別学習を原則としています。 午前中は学習、午後はエネルギー回復、自信の構築のための体験学習や体験活動を取り入れています。
適応指導教室(らるご久留米)とはどういうところですか。
適応指導教室(らるご久留米)は、心理的な理由により、学校に行きたくても行けない児童生徒の学校復帰への支援を目的としているところです。
適応指導教室(らるご久留米)には、どういう子どもが通うことができますか。
適応指導教室(らるご久留米)は、心理的な理由により不登校・不登校傾向の子どもたちが通うところです。
教育委員はどのような方が就任しているのですか。
教育委員会は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき、「教育行政における中立性、安定性、継続性の確保」「地域住民の多様な意見の反映」等の理念のもと、常勤の教育長と非常勤の教育委員から...
青少年を対象とする街頭指導なども行っていますか。
青少年育成課では、特別少年補導員(3名)及び地域担当の専任少年指導員(14名)により、声かけなどによる巡回活動・指導を行っています。 また、久留米市少年育成指導員(約260名)や関係団体の方...
青少年のシンナー等薬物乱用防止の取り組みを教えてください。
久留米市では「久留米市青少年の非行を生まない社会づくり推進対策本部」を設置して、以下の取り組みを中心に薬物乱用防止活動を行っています。 1広報啓発活動 小・中学校での薬物乱用防止教室...
地域での青少年の健全育成の取り組みはありませんか。
地域での青少年の健全育成のための取り組みは、久留米市青少年育成市民会議や各校区青少年育成協議会、少年育成指導員を中心に以下のように実施されています。 1、地域での青少年健全育成事業 スポー...
青少年の健全育成についてどのような取り組みをしていますか。
青少年育成課では、以下の取り組みを中心に、青少年の健全育成を推進しています。 1、各関係機関・団体との連携 久留米市青少年育成市民会議、久留米市校区青少年育成協議会連絡会議、少年育成指導員...
 1